唯一の楽しみは風俗

性感マッサージだけ。そう思います

ここまで風俗にハマったのは性感マッサージのおかげなんです。厳密に言えば、風俗にハマったというよりも性感マッサージにハマったんですよね(笑)ポータルサイトで性感マッサージを見つけた時、ピンときたんです。もしかしたら性感マッサージこそ自分が求めている風俗そのものなんじゃないかなって。それまでもいろいろな風俗を楽しんでいましたけど、気分転換としては適しているものの、そこまで前のめりにはなりませんでした。あくまでも「たまに抜くくらいがいい」なものでしたけど、性感マッサージとの出会いは自分の風俗生活そのものさえ変えてくれたんじゃないかなって思いますね。性感マッサージの素晴らしい所は多々あるんですけど、まず面白いのが基本的には相手がみっちり奉仕してくれるじゃないですか。しかもそれが当たり前というか、多くの人がそれぞれのテクニックで楽しませようとしてくれるんです。それが自分の受け身体質とマッチしているなって。

ストレス解消目的だったんです

当初風俗に行っていたのは、ストレスを解消するためだったんです。イライラしたり、欲求不満なのか何が原因なのか分からずに自分だけで勝手に悶々としたり。そんな日々が続いていたので、これはもう風俗にでも行ってさっぱりするしかないだろうと。案の定、風俗に行って女の子に抜いてもらったら、快感だけじゃなくて精神的にも何かから解放されたかのような発散感があったんです。それが良かったので風俗そのものに何度も足を運ぶようになっていったんです。でも、最近では欲求不満の解消よりも、むしろ自分の性癖をどこまで満たせるのかに目的がシフトチェンジしていますね。いろんな目的があって良いと思うんですけど、風俗を楽しむようになって自分の中でいろんな気持ちが湧いてきたんです。もっと楽しいんじゃないかとかあれはどんな快感が待っているんだろうとか。だから今では風俗は欲求不満解消ではなく、ある意味では娯楽の一つになっているんじゃないかなって。