唯一の楽しみは風俗

プロじゃない。それがいいんです

この前の風俗嬢は新人ではないようでしたけど、まだまだ慣れていないって話してくれたんです。月に二回くらいしか出勤しないので、毎回緊張しているって話していましたけど、逆にそれが良かったんです。慣れていないので、まだまだプロの風俗嬢というよりは普通の女の子。慣れてくると当たり前のように出来ることも、まだまだ慣れていないおかげで少し恥じらっていたり、気合を入れているのが分かったり。男からすれば、そういったこともまた、楽しさの一つだったりするんですよね(笑)慣れていると、恥じらって欲しい所でも堂々としちゃうケースもあるじゃないですか。でもまだ慣れていないので、例えば裸になる時も彼女はなぜか最後まで乳首を隠していました(笑)それが新鮮だったんですよね。慣れてくれば堂々としちゃうと思うんですけど、慣れていないのでずっと手で隠していたんです。そういった細かい仕草にそそられたのかなって思っていますし、気持ちの面でも楽しめました。

浮気をしたいんじゃないからこそ

結婚している自分が風俗に行くのは浮気をしたいんじゃなくて、性欲のはけ口が欲しいからこそなんです。だからこう言ったら申し訳ないですけど、一番理想の形はダブル不倫なのかなって(笑)恋愛したいんじゃなくて、性欲だけを発散出来るような所が欲しいんですよ。でも、都合よくそんな相手が見つかる訳もないですよね。だからこそ、風俗を頼るようにしているんです。風俗であればそれなりに楽しめるのはもちろんですけど、自分でも好きなように遊べるじゃないですか。それに、恋愛している訳ではないので、家族団らんの時間に電話やメールが来たりってこともないですよね(笑)それが一番ですよ。仮定を壊されるでもなく、でも自分の性欲を思い切り発散させることが出来るのが風俗だと思うので、自分の中では風俗の存在感は相当大きなものになっていますし、無ければ困るものにもなっていますよね。それだけに、いつも風俗では全力投球で楽しむよう心掛けています。