唯一の楽しみは風俗

男のロマンだと気付いたのかも

ここ半年、風俗に行く機会が増えました。行くだけじゃないですね。デリヘルのように呼んで楽しむことも出来る風俗もまた、多々楽しませてもらっています。ここまで自分が風俗に対して積極的になってきたのは、風俗の世界が面白いって思うようになってきたからこそだと思うんですよ。それまでは本当に受け身で楽しませてもらっていました。何を意識するとかじゃなく、自分で適当に楽しめればそれで良いって思っていたんですけど、最近はどうすれば楽しめるのかを意識するし、事前にホームページを見て自分なりに考えるようになったんですよ。以前のように行き当たりばったりで適当に楽しむのではなくて、計画性を持って風俗を楽しむようになってからと言うものの、もっともっと楽しいって思えるようになってきたんですよね。それだけに、風俗って自分でもいろんなことを楽しめるんだなってことに気付かされたんです。それって自分でも大切というか、やっぱりありがたいなって。

あまりにも好みが過ぎたからこそ

あれだけ緊張したのは自分でもあまり記憶にないかもしれません(笑)別に初風俗とかではないんです。それでもあれだけ緊張することになったのは、自分で思うのはきっと彼女が自分の好みだったからこそでしょうね。もっと言うなら、好みのど真ん中過ぎたからこそなんじゃないかなって。本当に驚きました。風俗店のホームページで見ていた画像よりも断然綺麗でした。ホームページで見かけた彼女は可愛い側に振られている雰囲気だったんですけど実際の彼女は可愛さよりも綺麗さにステ振りされている子でした。そんな御託はともかく、自分の好みのタイプにそっくりだったのもあって、自分でも本当に驚いたって話なんですよね。まさかというと大袈裟かもしれませんけど、やっぱりさすがに驚きますよね(笑)だから緊張してしまったんですけど、その緊張感がよりより感動をもたらしてくれたのかもしれないので、それはそれでとっても楽しい時間を満喫することが出来ましたね。