唯一の楽しみは風俗

当分はデリヘルを楽しみたいんですよ

当分の間はデリヘルを楽しみたいって思っています。これまで風俗はジャンルを問わず、自分の楽しみたいように楽しんできたんです。その方がストレスもないですし、自分の本能を形にすることが出来るじゃないですか。それが大きなメリットなんじゃないかなって思っていたんですけど、最近ではデリヘルに絞りつつありますね。もちろん他の風俗が嫌いになったとかじゃなく、単純にデリヘルへの興味が高まっているんです。それにふと思ったのは、デリヘルはいつでも楽しめる安心感とは裏腹に、プレイでは刺激的な時間を過ごせるじゃないですか。ホテルで二人きりと言うシチュエーションはデリヘルだけの特権と言っても過言ではないんですけど、その時間はプライベートではなかなか実現しないものなだけに、程よい緊張感もありますし、モチベーションも高まるしで自分にはデリヘルが一番マッチしているのかなって気持ちにもなるんですよね。それも含めて、やっぱりデリヘルが一番です。

風俗は頭じゃなく、体で感じるもの

頭であれこれ考えるのではなく、体で感じるもの。それが風俗だなって思いますね(笑)風俗嬢とご対面するまでに関してはあれこれ考えることも大切かなとは思うんですよ。ホームページで相手のプロフをしっかりとチェックして於けば、自分の好みの風俗嬢なのかや、自分にマッチしているのかまでいろいろと分かるじゃないですか。でも実際に向き合ったら頭の中であれこれ考えるのではなくて、自分なりにいろいろなことを考えるようになるんです。それが大きな魅力でもあるんじゃないかなって。それこそ、好みすぎる風俗嬢相手だとまさに無我夢中というか、自分でも何をしたのかよく覚えていないような展開もあります。必死になりすぎて、自分でも何をしていたのかよく分からないような状況ってことですけど、そこまで自分が必死になるとは思っていないと、その爽快感がかえって面白いんですよね。だから風俗って、男のロマンであるとともに、体で感じるものなんだなって。